遺骨キーホルダー

遺骨キーホルダー|ペットの手元供養・メモリアルグッズ

 

大切なペットともう会えなくなってしまったけれど
いつまでもそばでその存在は感じていたい。

 

家族のように連れ添ってきたペットに対してそのような想いを抱くのは当然のことです。
遺骨キーホルダーは持ち運びができて、手元供養がしやすいメモリアルグッズのひとつです。

 

遺骨キーホルダー

 

ペットであっても人であっても、愛おしい存在をいつまでも慈しみたいのは当然のこと。
カプセルになっている遺骨キーホルダーは、 最愛のペットの分骨した遺骨や遺灰、遺毛、歯や爪などを収納して手元供養するためのメモリアルグッズです。

 

 

手元供養について

大切なペットとの絆をいつまでも感じられる手元供養。
手元供養とは本来、墓地や寺院などで管理する遺骨・遺灰を、自宅で管理するという方法のことで、自宅供養とも呼ばれます。

 

その遺骨・遺灰の保管方法には2つの方法があります。

 

  • ペットの遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する
  • 墓地や寺院へ納骨したうえで一部分だけ自宅で保管する

 

どちらを選ぶかは、遺族の方の供養に対する意識によって様々です。
ペットに対してもどちらが良くてどちらがダメということはありません。
一つの選択基準として、信仰心の深さからお寺での供養が必須と考えるか否かというところはありますね。

 

また、遺骨をミニ骨壷やキーホルダーに分けて保管することについて「ペットが成仏できなくなるのでは」と心配される方がおられるようですが、仏教では昔から、「分骨」という形で宗派の大本山へ遺骨を納めることが一般的に行われており、問題ありません。

 

 

遺骨キーホルダーはどんなもの?

手元供養にすぐれていて最もポピュラーといえるのがこのカプセルタイプの遺骨キーホルダーです。

 

遺骨キーホルダー

 

大きさは3センチほどで、色はグリーン、パープル、イエロー、ホワイト、ピンクの5色で、私はイエローを選びました。
いずれもパステル調の優しい色です。

 

キーホルダーにつながっているネジ式のキャップを開けると中に、ペットの想い出のもの、遺骨や遺毛、歯や爪などを入れていつも手元で供養することが出来ます。

 

遺骨キーホルダー

 

キャップ式だと、持ち歩いている間に緩んで紛失しちゃうんじゃないかと不安になりますが、こちらの遺骨カプセルのキャップのネジはかなり何重にも深くなっていて、その心配はなさそうです。

 

遺骨キーホルダー

 

カバンの外側にぶらぶらとぶら下げて持ち歩くのはさすがに不安だし、乱暴な気がしてしまいましたので、
大切なペットの遺骨ですから私はこのようにカバンの取っ手の内側に、キーホルダーをつけて持ち歩いています。

 

遺骨キーホルダー

 

時々想い出てしまうしと握ったり撫でたりしています。
かばんを変えるときは遺骨キーホルダーも付け替えて、いつでもだいたい、どこに行くのもペットと一緒、という気持ちで持ち歩いています。

 

遺骨キーホルダー

 

自宅に帰ってくると、遺骨キーホルダーをカバンから外して、同じ通販ショップで販売していたこちらのカプセルスタンドにセットして、ペットの遺影の前に置いて手を合わせています。

 

遺骨キーホルダーを愛用している方の体験談

手元供養には様々な、ペット向けメモリアルグッズが市販されています。
遺骨ペンダントやブレスレットに、加工してダイヤモンドにしたリングなど。
色々ある中で遺骨ペンダントを選んで使用されている方の声です。

 

遺骨キーホルダー・体験談 @ 30歳代・ナナままさん

愛犬を模ったキーホルダー
12年間我が子同然に可愛がって育ててきた愛犬のナナが1年程前に病気で亡くなりました。
ナナはペットという域を超え我が家のムードメーカー的な存在でもあったので、亡くなった当時は家族全員の心にぽっかり穴が空いてしまったようでした。
いつでもナナのことを思い出せるように何かメモリアルグッズを作って持ちたいと思い、インターネットで調べました。
私が思いついて購入したものはナナの写真を使って、ナナそのままの姿をキーホルダーの形に作ってもらえるというものでした。
(インターネットのペットグッズサイトから購入しました。)
家族の人数分作り、それぞれが一つずつ大事に持っています。
キーホルダーにはナナの名前と、首輪の部分にナナの誕生石が一粒入っている世界に我が家だけの本当に素敵なメモリアルグッズです。
本当にキーホルダーがナナそのままの姿なので、今にもそのまま動き出してこっちにしっぽを振りながら走ってきてくれるんじゃないかなぁと思うことが よくあります。
天国に行ったペットのナナも、私たちがこうやってキーホルダーを見て毎日ナナのことを思い出して 愛しい気持ちになることを知って、きっと喜んでくれているんじゃないかなと思います。

 

遺骨キーホルダー・体験談A 20歳代・ちびたさん

心の整理の為に買った遺骨カプセル
突然の病気でペットの愛犬を喪い、葬式をお願いした霊園で、遺骨カプセルを購入しました。
キーホルダー状になっているものです。
当初は静かに眠らせてあげたいし、遺骨を持っておくと、成仏も出来ないだろうと思い、購入する気はありませんでした。
けれど、火葬が終わり、小さな骨になってしまった愛犬を見て、どうしようもなく悲しくなって、本当にさよならなんだと感じました。
その時父が、カプセルキーホルダーに入れて歯を一本持っていても良いだろうか、と霊園のスタッフさんに聞きました。
するとそのスタッフさんは、輪廻天生と言いまして、ペットちゃんの歯や爪は天国でちゃんと生え揃うので、大丈夫ですよ。
病気で苦しんだ子も健康な体になって、ご家族の皆様を見守っていますよ。
と言ってくださり、その時、あぁ大丈夫なんだ。
悲しんでいても、まだ離れたくないと思っていても、この子は天国から見守ってくれているんだ。
と思え、遺骨カプセルに、爪と歯を一本入れてキーホルダーにして持っていることに決めました。
ペットが成仏出来ないからと、すぐにお別れをしたら、後悔する。
なら、たとえ遺骨だとしても納骨の日まで一緒に居よう。
そして納骨の時、この骨も沢山の感謝とともに、一緒に埋めてあげようと思います。
今はまだキーホルダーとして一緒にいます。
見つめる度に、まだまだペットロスみたいな状況で悲しいけれど、最近は落ち着いた気持ちにもなります。

我が家に来てくれてありがとうね。と語りかけています。

 

遺骨キーホルダー・体験談B 40歳代・むぅさん

いつかは自分と一緒に
私たち夫婦が結婚した当初から飼っていたペットの猫が急に亡くなってしまいました。
夫婦共に悲しみに暮れて、その現実を受け入れるのにもしばらく時間がかかりました。
居なくなってしまったことは理解したものの、少しでもそばにその子の事を感じていたいと、なにか手元で供養できるものは無いかと探していましたところ、ネットでペットの遺毛や遺骨が入れられるカプセルキーホルダーというものがあるのを見つけました。
主人の分と私の分、それと自宅でそのカプセルをセットして置けるスタンドの3つを購入しました。
火葬した後の遺骨は自宅にてミニ骨壷で保管して供養していますが、そこから少しの遺灰を、カプセルキーホルダーに入れて、いつもカバンやポーチで身につけています。
ペットの猫のことを想い出して哀しくなってしまった時には、その遺骨カプセルを握って、心のなかで話しかけると気分が落ち着きます。
カプセルに入っている遺骨は、私が亡くなった時にキーホルダーから外し私の遺骨と一緒にしてもらうつもりです。

 

 

 

キーホルダーでのペット供養に関するまとめ

 

手元供養について、遺骨ペンダントやぬいぐるみ、キーホルダー、ダイヤモンドと、現代ではその形はひとつにとどまらず色々と方法があります。
遺骨の扱いについては、遺された方の心ゆくようにしたら良いかと思います。
ペット自身にとっても、離れてしまった家族が心穏やかに過ごせるのが一番の願いのはずです。
カプセルキーホルダーや遺骨ペンダントはそのために創られたアイテムのひとつ。

 

大切な家族が遺骨を大事に手元にして供養することで心が安らぐのであれば、それが天国のペットにとっても安らぎになるかと思います。

 

カプセルキーホルダーについてはこちらの通販「ペットメモリアルグッズ専門店」で購入できます。

 

遺骨キーホルダー

 

ペット遺骨カプセルキーホルダーの詳細はこちら